近接攻撃とスタンスStance MOD

アップデート13で追加されたスタンス-Melee 2.0


2014年5月10日に、PS4版ウォーフレームがアップデート13に更新された。
スタンスはその更新内容の一つとなっている。スタンスMODの一覧は「MODの一覧
で確認できる。

スタンスMODは、近接武器用に用意され、ボーナスや追加能力を付与する。

フレームに装着するオーラMODのように、スタンスのMODを近接武器に装着すると、MODの容量が増加する。スロットとスタンスの極性が一致すると、容量ボーナスが付き、通常よりも2倍に増加する。(一致しない場合はそのボーナス分減少)

スタンスMODのランクをあげることで、追加の近接コンボのロックを解除すると同時に、装着できるMODの容量を増加させることができる。

アップデート14のUI
写真の中央にあるスタンススロットにスタンスMODを装着する




近接コンボ

スタンスMODを近接武器に装着して近接武器を装備すると、近接攻撃のモーションが変化し、異なる攻撃を展開する近接コンボが行える。コンボを行うためには、近接武器を装備する必要がある。(△ボタン長押しで武器選択)

また、スタンスを付けることで、単体用の攻撃武器スカナなどは、通常一体にダメージを与えるが、近接コンボを行うと複数の敵を攻撃できる能力を持つようになるなど、多彩な変化を見せる。


近接コンボと操作方法

アップデート12までは、プライマリやセカンダリ武器を装備している間でも、R1ボタンで近接攻撃を繰り出すことができた。アップデート13へ更新後も、同様に近接攻撃(アプデ15より○ボタン)を繰り出せるが、近接コンボは行えない。

近接コンボを行うためには、通常の攻撃方法ではなく、近接武器を引き出し装備させる必要がある。近接武器を装備するためには、△ボタン長押しで、装備変更を行い、近接武器を装備させる。スタンスMODを近接武器に挿した状態で攻撃(R1ボタン/アプデ15より○ボタン)することで近接コンボを行える。

スタンスMODを装着した状況では最大3発までの近接攻撃ができ、近接コンボは連続攻撃と近接能力を向上させる。近接武器を振りかざす間のみコンボが採用される。近接のアクションは、武器の種類によってモーションが異なるので、さまざまな武器とそれに対応したスタンスMODの組み合わせで、近接コンボシステムを楽しめる。


追撃(チャージアタック)
近接武器に持ち替えてから、近接攻撃ボタンを長押しすると繰り出せる。
ただ、ある武器は異なった操作が必要で、いったん近接攻撃をしてから
ためを入れることができるタイプと、連続2度目の近接攻撃の後にチャージを
すれば繰り出せるタイプが存在する。また、スタンスMODにより、
望んだタイプの追撃を行えるような攻撃のタイミングを修正することもある。

チャネリング-Channeling

チャネリングは、ウォーフレームのエネルギーを使って近接攻撃を強める。上述の通り、近接武器を取出し、スタンスMODを装着した状態でL2ボタン長押しでチャネリングが発動し、L2ボタンを離すとチャネリングは停止する。チャネリングの効果時間中は、敵にヒットするとエネルギーを5ずつ消費(エネルギー効率のMODに依存)し、通常の50%の追加ダメージを加えることができ、Finisher攻撃のチャンスもある。

チャネリングで与えるダメージ力は、Killing Blowでさらに向上可能。Reflex CoilなどのMODは、チャネリングのエネルギー利用効率が上がる。Second Wind は近接攻撃でスタミナを回復するが、チャネリング効率は下がる。



パリング-Parrying

前方の敵に対して有効なブロックモーション(後方からの攻撃はダメージを受ける)。近接武器装備時(長押し△ボタン)にR2ボタンを押し続けることでブロック。ブロックによって受けるダメージを無効化し、敵にダメージを幾分跳ね返す。

ブロック時に、いくらかスタミナを消費する。また、ジャンプ、スライディング、空中、水平壁走り時でもブロッキングは可能。垂直壁のウォールランニング時は、ブロック不可能。
立っている時としゃがんでいる時のパリングは、同じブロックの構えでる。「Quick Rest」MOD装着でパリング中に攻撃を受けていてもかなり効果的にスタミナが回復する。


フィニッシャー-Finisher

フィニッシャーにはいくつかのパターンがある。これらのフィニッシャーダメージは通常装備している武器のダメージの何倍にもなる。
ーダガー、デュアルダガー、ポールアーム、ステイブ(Bo etc)系は通常の1200%
―ハンマー系は2400%
―上記以外の武器は1600%
また、フィニッシャーのダメージはアビリティやMODによってさらに増大させることが可能
BansheeのSavage Silence
ExcaliburのRadiant Finish
(これら近接フィニッシャーのアニメーション速度は、近接の攻撃速度のMODの影響を受ける。As of U17.7.1)

ステルスフィニッシャー
未警戒の敵の背後から忍び寄り、大ダメージを与える。

カウンターアタックフィニッシャー
敵がプレーヤーに近接攻撃を仕掛ける前に、チャネリングを発動してパリングすると、相手をよろめかせる「Counterattackカウンターアタック」のチャンスが得られる。敵がよろめいている時、ステルス攻撃と同様の攻撃メッセージ画面が表示され、Finisherを発動することができる。ステルス攻撃とは異なる特別なモーションとなる。これにより、大ダメージを敵に与えることが可能(ほとんど抹殺可能)で、なんとか生き延びた敵でもうつぶせ状態となっており、とどめをさすことができる。

AshのTeleport, ValkyrのParalysis, ExcaliburのRadial Blind, EquinoxのRest, IvaraのQuiverでよろめいた敵に対してもフィニッシャーを行える。
・「Parry」MODを装着して、チャネリングでブロックをすれば、自動でカウンター攻撃を繰り出し、チャネリングを省くことができる。
・ヒューマノイド以外の感染体やロボットにはカウンターは不可能。感染体はリーパーとクローラーのみカウンター可能。カウンターを行う際、敵の背後へ回ってフィニッシャーを仕掛けると別のモーションとなる。
Retributionでも、ブロックせず、エネルギーを消費せずに、フィニッシャーの攻撃画面が表示され、怯んだ敵にフィニッシャーを仕掛けられる。
・スティールメリディアンのJusticeの効果により半径25メートル以内の敵をよろめかせることができ、フィニッシャーが可能となる。
・カウンターアタックはチャネリングでダメージは増えない
・メリディアン(シンジケート)


グラウンドフィニッシャー
倒れている敵に焦点を合わせて近接攻撃すると、一撃のとどめを刺せる。近づきすぎて敵に触れるとグラウンドフィニッシャーにならない模様。また、グラウンドフィニッシャーはボスには通用しない。ダメージは上述の計算値ではなく、近接武器ダメージの400%になる。ただし、耐性のあるEximus系に対しては400%よりも低い値となる。


感染体はクローラーとリーパーに対してはフィニッシャーを行えるが、その他感染体とロボットのMOAにはフィニッシャーはできない。


コンボカウンター-Combo Counter


近接武器を装備して、連続で敵に与えることができた最初の攻撃からコンボ計算が始まり、武器のステータス部分に何ヒットさせたか表示される。コンボが続くと、ダメージ乗数が近接武器に付与され、武器が与える総合ダメージが増加していく。

連続ヒット回数が増加していくにつれ「ダメージ乗数(Damage Multiplier)」も増加し、数々の強敵にも大きなダメージを与えることが可能となる。3秒以内に次の敵を攻撃しないとコンボは止まる。(Wukongの場合5秒)

「ダメージ乗数」は、最初に5回ヒットさせると1.5倍の基礎ダメージとなる。さらにコンボをつなげると乗数は0.5ずつ上昇していくが、乗数を増加させるために倒さなければならない敵の数は、その前の乗数で倒した敵の3倍と膨れ上がる。

具体的には、
5連続コンボで1.5倍のダメージを…、
15連続コンボで2倍(乗数)のダメージを…
45連続コンボで2.5倍のダメージを…、
135連続コンボで3倍のダメージを…
405連続コンボで3.5倍のダメージを与える。





AshのBlade Storm もコンボカウンターに含まれ、コンボとしてカウントされていく。

このコンボカウントに有効なMODとして、
Body Count」「Drifting Contact
があり、時間を延ばせる。



0 件のコメント :

コメントを投稿

アラートミッション最新情報