「因果応報の戒律トライアル」レイドミッション(The Law of Retribution)

The Law of Retribution -トライアルミッション-通称レイド

PS4では、U16.3の時にトライアルミッション「因果応報の戒律(別称:レイド)」が実装される予定だったが、障害と不安定要素が存在したため、U16.5.9で登場。
(なお、以下の説明の中で、ゲーム内の日本語訳と異なる部分が若干ある。たとえば、トリチウムバッテリーは爆裂弾に置き換えて読む必要がある。また、毒噴射機はインジェクターに置き換える。)

ミッション目的
Vay Hekの居場所を突き止め、テンノを支配する目論見を持つVay Hekを打ち砕く。

アクセス
マーケットで設計図を10万クレジットで購入し、個別に製作する。設計図自体は再利用が可能だが、ミッションで使ったアクセスキーは消耗品となるので、ミッションに失敗してもキーは失われ、新たに製作する必要がある。

―キーに必要な素材(製作所要時間6時間)―
5000クレジット、500ルビドー、9000ナノ胞子、1ガリウム
(ナイトメアモードは5000クレジット、500ルビドー、18000ナノ胞子、2ガリウム)

ミッション
ミッション地は地球で、3つのステージで構成される。敵のレベルは70から80。
また、ナイトメアモードも用意されており、レアなアルケインが通常モードよりもゲットできる確率が上昇している。各ステージの説明のところで、ナイトメアモードの注意点を付記した。


第1ステージ.トリチウム妨害
最初のステージはグリニアの森林地帯。ミッションの目的は各エリアにある4つの「インジェクター=毒噴射機(装置)(Toxic Injectors)」を破壊すること。マップ中央にある「トリチウム安定化装置」内にあるトリチウムバッテリー(爆裂弾)を運搬し、毒噴射装置付近で爆破させる。
ステージ1
圧力パッドスタート地点からトリチウム安定化装置へ向かう途中、扉の前に2つの圧力スイッチがある。2人のプレーヤーが同時に踏むことで扉が開く仕組みとなっており、このミッション地にある全ての扉(毒噴射装置のある場所へ向かう途中にある)はこの仕組みによって開くようになっている。(単独行動を不可能にする。)


扉の先は毒ガスが蔓延しているため、毒による継続ダメージを受け、かつHUD表示もブロックされ、Lotusからの連絡も徐々に途絶えていく。

トリチウム安定化装置トリチウム安定化装置」内のバッテリーは両脇にある2つのコンソールをハッキングして取り出し、拾い上げたらウォーフレームのエネルギーで充電する必要がある。(エネルギー消費量は毎秒25)。長時間バッテリーを充電しないと、不安定化し爆発してしまう。爆発すると運搬役のプレーヤーは運びなおす必要がある。(運搬中プレーヤーはアビリティが使用できなくなる。)



運搬しながら充電中のトリチウムバッテリー(爆裂弾)を各「毒噴射機(装置)=インジェクター」の所まで運んで行き、100%充電が完了するまで待つ。

各インジェクター付近には異なるハッキングコンソールが4つある。インジェクターからオレンジ色のパイプラインがのびているので、たどっていけばコンソールにたどり着く。この4つのコンソールをハッキングすることで保護シールドを無効化するができ、短時間の間、インジェクタにダメージを与えることができる。

100%充電した爆裂弾を落として不安定化させることで、インジェクターを破壊する。

注:
・100%充電完了した爆裂弾を持ちながらダッシュしたりノックダウンすると安定化が失われ爆発が速まる。(画面上に爆裂弾の充電表示と充電完了後のヘルスが表示される。ヘルス0で爆発。)
・充電途中でバッテリーを落としてしまった場合、爆破する前に拾って充電する必要がある。
(エネルギー回復パックかTrinityのEnergy Vampireが役立つ)


各場所にある4つのインジェクターを上記の方法で破壊したら、ステージクリアとなる。


第1ステージのナイトメアモードの注意点
ドローン
ドローン
・扉前の圧力スイッチ上に乗ると毎秒10ずつエネルギーを消費するようになる。ただし、ウォーフレームのエネルギーが枯渇しても、扉の開閉に影響しない。
・ディスラプタードローンが出現し、ナリファイアークルーマンのようなアビリティを無効化する領域バリアを生成する。ただし、直接ドローンを破壊するための銃撃が可能となっている。
・ハッキングコンソールは3度までミスが認められる。3度目に失敗するとショートを起こし、致命的な電気ダメージを受ける。(サイファーは使えない。)
・毒噴射装置や安定化装置の全ての端末は操作後に一定時間が過ぎると再び操作が必要になる。
・毒ガスは一層強みをまし、各プレーヤーのヘルスの減りが速くなる。



第2ステージ.ハイジャック潜入
スクリーンと8つのライト
スクリーン
ステージ2の舞台はグリニア船。Lotusが追跡しているVay Hekの居所を付きとめるべく、グリニア軍の心臓部まで侵入。目的は、ロック解除(解読)とハイジャックを行うこと。

ⅰ)解読(ロック解除)
難解な施錠システムが施された大きなエリアに、大きな8つのオレンジ色のボタンが配置されており、8つのボタンに対応したパネルがある。各ボタンは、2つのウィングに4つずつ平行に並んでいて、ウイングの間には毒のプールがある(落下)。


パネル
ボタン
このエリアの各隅に配置された合計4つのコンソール(警報機端末)のうち、発色しているコンソールをハッキングすると、中央の大きなスクリーンにサイレンとともにグリニアのシンボルが表示される。

8つあるパネルから一致するものを選択し、正しいボタンの上に乗ると、大きなスクリーン下部にあるライトがオレンジ色から青色に変る。(パネルから離れると失敗判定になるので、ボタン上に乗ったプレーヤーは、他のプレーヤーがすべて順序通りボタンに乗るまで動かないようにする。)

8つ全てを順序通り揃えると、スクリーン真下の扉が開く。間違ったボタンを押すと、パネル上のすべてのプレーヤーに致命的な電気ダメージが加わり、暗号化されてリスタートになってしまう。

端末を操作して全てのボタンを順序通り踏むと、スクリーン下にあるロックされた扉が開くので、扉の奥へ向かう。

注意:
・プレーヤーの人数に合わせて、ボタンの数も変更される。
・ロックが解除されると効果音が鳴り、全てのライトがオレンジ色に変る。

第2ステージ「解読」のナイトメアモードの注意点
・ボタンを押している間毎秒10ずつエネルギーを消費する。エネルギーが枯渇してもボタン操作は中断しない。
・ディスラプタードローンが出現する。(第1ステージと同じ。)
・ハッキングは3度までミスが許される。(第1ステージと同じ。)


ⅱ)ハイジャック
解読が成功し扉の先へ進むと、フォーモリアンコアが存在する。プレーヤーはこれをハイジャックしてVay Hekをおびき出す。

ショート電線
レールのある部分はショートする
このハイジャックミッションでコアを運搬する際、ショート電線が採用されており、ショート電線上に差し掛かった時、コアはストップしダメージを受け(1500ヒットポイント)、近くのプレーヤーもダメージを受ける。電源を切るためには、3人のプレーヤーが3つある異なった圧力スイッチに乗り、最低一人はコアにシールドを供給する必要がある。このハイジャックミッション中は、グリニア勢力としてレベル帯100のG3とVay Hekが邪魔をしてくる。フォーモリアンコアをライセットまで運べばハイジャックミッションが完了し、ステージ3へ。

ハイジャック時のスイッチの場所
最初(1番目)
2番目は2つだけ
3番目最後ⅰ
3番目最後ⅱ



第2ステージ「ハイジャック」のナイトメアモードの注意点
地雷
・圧力スイッチ(ボタン)は毎秒10ずつエネルギーが消費されるが、エネルギーが枯渇してもボタン操作を中断しない。
・ディスラプタードローンが出現
・ハッキングは3度までミスが許される。
ショート電線をショートさせるとミッションは失敗となる。
レール上(ショート電線上の場合もある)に地雷が設置されており、コアに接触すると大ダメージを受け、失敗となる。
・ハイジャックの扉はコンソール端末で操作する必要がある。




第3ステージ.Vay Hek抹殺

パワープラント
第3ステージは「グリニア居留地」で、Vay Hekを倒しテンノに対する支配を打ち砕くことが目的で、直接テラ・フレームを装備したVay Hekと相見える。周囲にある5つのパワープラントがVay Hekを無敵にしているため、Vay Hekは全てのダメージをはねのけてしまう。プラント内部でトリチウムバッテリーを爆発させて、5つのパワープラントに火をつけることで上空を飛び回るVay Hekにダメージを与える。全てのプラントに火を付けたら、Vay Hekが降りてくる。
ベント
トリチウムバッテリーは敵がドロップする。ステージ1のように、持ち運ぶときにウォーフレームのエネルギーを消費するが、素早い充電が必要なため毎秒50消費する。第1ステージよりも使用するエネルギー量は少ない。充電が完了し、2つの圧力パッドを踏むことでパワープラントの扉が開く。運搬しているプレーヤーは扉の奥にあるベントの中にバッテリーを落としてから、逃げて爆発を待つ。残りのプラントも同様に行う。

また、ボス戦途中でバロールフォーモリアンが邪魔をしてくる。グリニアがプレーヤーの位置を割り出してフォーモリアンにシグナルを送るため、中央にある4つのターミナルを操作する。一つでも端末が操作されるとプロセスが進行し、フォーモリアンは数分間をかけて武器の照準を調節する。さらに端末を操作されると、倍のスピードでプロセスが進行し、4つ端末があるので、4つ操作されると4倍まで速まる。

プロセスが完了する前にボス「Vay Hek」を倒せないと、Vay Hekがフォーモリアンに命令を下し、レーザーキャノンを放ってくる。プレーヤーはダウンし、さらに、この攻撃によって燃えているプラントを吹き飛ばしてしてしまうので、リスタートになってしまう。なんとしても食い止めたい。

Vay Hekを倒したら、全てのミッションは完了し、報酬が貰える。



第3ステージのナイトメアモードの注意点
・圧力パッドは、毎秒10ずつ消費する。(各ステージ同様)
・ディスラプタードローンが出現(各ステージ同様)
・Vay Hekはディスラプターからプロバガンダドローンに切り替えてくる。プロバガンダドローンはさらにテンノに脅威を与え、周りのグリニアとボスを強める。素早く倒したい。LokiのRadial Disarmで450から500のダメージを与えることができる。
・フォーモリアンの攻撃の前に、グリニアが端末を操作するのは通常モードと同じだが、ナイトメアモードでは、第3ステージの全ての場所の端末に再配置されるので、容易に端末にアクセスされてしまう。



報酬
アーケイン強化 (Arcane enhacement)
Sevhati Sekhara
バッヂ(バッジ)
・クレジット(トータル195,800クレジット)
 ステージ1. 7900
 ステージ2. 8900
 ステージ3. 179000
・「Sevhati Sekhara」の3次元バッヂ
ナイトメアモードは、「Aseron Sekhara バッヂ」が出る。
(初めてミッション完了した時のみ)

ナイトメアの報酬は通常と同じだが、アルケインの代りにレア素材の設計図が報酬として出ることがある。(神経センサーの設計図)
また、ナイトメアモードはステージクリアごとに、ナイトメアモードのMODがゲットできる。

注意

報酬でもらえるバッジは初めてミッションを完了した時のみで、他の報酬は何度でももらえる。
ただし、「アルケイン強化」のみ、前回完了したミッション時間から23時間後でなければ報酬として受け取れないため、23時間以降に再びミッションを完了すればもらえるようになる。
(2017年現在は、アルケイン獲得資格が日本時間9時を境にリセットされる模様)

4人から8人プレーが可能だが、人数が少なくても難易度に変更はない。

第2ステージのボタンの数は、プレーヤー人数に合うように調整される。
接続が切れると必要なボタン操作の数も減る。

コンテナ
レイドミッションごとに最低1つの「レアグリニアコンテナ」や「強化グリニアコンテナ」が用意されている。レアの方は30分間のアフィニティまたはクレジットブースターで、強化されている方は60分のブースターが入っている。その他に、フュージョンコアやデトナイトインジェクターも含まれる。ミッション中特別なコンテナを見かけたら破壊しておきたい。


チップ情報
全般
・第2ステージの解読では、出血ダウン状態でも圧力パッド上であれば操作可能。
・第2ステージのハイジャックでは、頼りないがLokiのDecoyで圧力パネル(ボタン)の操作が可能。
・パネル上であれば、HydroidのUndertowでもカウントされる。
・クラウドコントロールが有効(Loki Irradiating Disarm, Nova Molecular Prime, Prism)
・Trinityは全てのステージで必要とされる。(ヘルス・シールド・エネルギー)
・出血ダウン中のプレーヤーを回復させるのにValkyrやLimboが有効

トリチウム妨害
Rejuvenaitonsでヘルスの減少を抑えたい。
・発動条件は低いが、「Arcane Guardian」「Arcane Avenger」「Arcane Agility」「Arcane Barrier」「Arcane Grace」で強化したヘルムやシャンダナを装備して、ヘルス減少を抑えたい。
・トリチウムバッテリー(爆裂弾)を撃てばすぐに破壊できるが、距離をおいて置きたい。
・エネルギーを消費するのでエネルギー量の多いNovaやLokiが運搬役を務めると良い。

潜入
・左十字キーの左ボタンで、同一シンボルのボタンを知らせるのは有効だが、表示をそのままにしていると次の操作で混乱をきたすので、シンボルが一致したらすぐに表示を消したい。
・全てのプレーヤーが協力してクラウドコントロールのアビリティを使用したい。一人だけでは広い部屋で対処は難しいようだ。
・パネルに貼られているラベルは、グリニアの数字アルファベットが表記されている。8つのボタンがあるので8つの数字(2,3,4,5,6,7,8,9)が用意されるが、低い数字は右側のウイングに、高い数字は左側に配置されている。また、見た目で識別する方法は、ラベルにアルファベットが上半分に表示されているか、下半分に表示されているかで区別できる。

ハイジャック
・G3が出現するので、腐食属性の武器が良い。
・Rejuvenationsが、コアのヘルス減少を抑える。
・コアは簡単に破壊されてしまうため、Frostの高威力のSnow Globeが役立つ。

Vay Hek 抹殺
・Vay Hekに対してはほとんどのクラウンドコントロールが無効。
・MagのBullet Attractorは、ロケットを跳ね返せないが無力化できる。
・Vay Hekの装甲はフェライトのため、腐食が有効。ただし、腐食による状態異常は起こらない。
・オーラ「Corrosive Projection」を4人が装備すれば、Vay Hekの装甲が無くなることを意味する。
・目くらましや放射異常のある敵でもフォーモリアンに指令を出すコンソールを操作できる。
そのため、NovaやBansheeの4番アビリティが有効
・Vay Hekは「放射線」以外は状態異常にならない。放射線による状態異常が起これば、プレーヤーよりも自身を攻撃するようだ。

ナイトメアモード
・eximus系ディスラプタードローンは通常ダメージを軽減するので、電気、腐食が有効


因果応報の戒律のベストタイムスコアを以下のページで確認できる。
http://content.ps4.warframe.com/dynamic/trialStatsArchive.php
同ページの[Progress]を押すと、最近プレーしたセッションを確認できる。

ナイトメアバージョンはこちら。
http://content.ps4.warframe.com/dynamic/trialNightmareStatsArchive.php (PS4)
http://content.warframe.com/dynamic/trialNightmareStatsArchive.php (PC)

関連
THE JORDAS VERDICT (U18.0.8新トライアル「JORDASの審判」)



0 件のコメント :

コメントを投稿

アラートミッション最新情報